格安航空会社LCCはなぜこんなに安いのか?

格安航空会社はなぜあんなにも安くチケットを提供できるのか?その秘密とは!? - 駐機時間を短くする事で乗客にもLCCにもメリットが?

駐機時間を短くする事で乗客にもLCCにもメリットが?

大手航空会社では、目的地の空港まで乗客を運び、自分の所属する空港までの復路をまた乗客を乗せて帰って来る事が一般的です。
この時の目的地の空港に到着してから、帰りの便が出発するまでの時間と言うのがポイントで、長時間空港に待機している時間が長い程、航空機にとっては乗客を運ぶ事が出来ないので、損になると考えると、LCCはこの時間を最大限短くして運航する事によって稼働率をアップさせていると言う事になります。
LCCはこの駐機時間を短くする事でどのような工夫をしているのでしょうか。

LCCはどうして駐機時間を短くしているのでしょうか。

LCCの駐機時間は大手航空会社に比べると短いものです。
これはLCCの航空機一機あたりの運用効率を高める為でもあり、LCCにとっては、利益に繋がる事になるからです。
駐機時間を短くする事で、乗客にとっては利便性が高まりますし、LCCにとっては利益が上がる、そんな理想的なメリットを追求しているからなのです。
実際にLCCの運航スケジュールを見てみると、結構なハードスケジュールである事がわかります。
しかし、この運航スケジュールには少々デメリットもあります。
LCCの出発時刻は頻繁に遅延するのです。
これは、早期便の離陸が遅れると、ドミノ式に遅れると言う事もあるのですが、十分な駐機時間を取っていないと指摘される事もあるのです。

LCCの駐機時間についてのまとめ

駐機時間を短くして、運航本数を増やす事によって、乗客としては利便性が上がり、LCCにとっては利益が上がる、そんなメリットを追求している事がわかります。
一部では遅延に対する不満の声もありますが、それも時代と共に改善されていく事でしょうし、今後の動向に注目すべき部分であると言えます。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む