格安航空会社LCCはなぜこんなに安いのか?

格安航空会社はなぜあんなにも安くチケットを提供できるのか?その秘密とは!? - 座席数を増やす工夫がしてあったLCC

座席数を増やす工夫がしてあったLCC

LCCと言えば格安航空券で知られている格安航空会社ですが、何故こんなに安く出来るのかと不思議に思う方も居る事でしょう。
その秘密は、様々な努力があり、実現されているのですが、その中でも、座席数と機種の関係について考えてみました。

同一機種でも座席数を多くする工夫がされていた?

LCCでは使用機種を統一する事でメンテナンスやパイロットの教育コストを削減する事に成功し、その分を航空券の料金に還元しているわけですが、その他に、機種内の座席数を増やす事によっても一人あたりの航空券の料金を安くすると言う努力を行っています。
同じ機種の飛行機でも10人乗れるのと30人乗れるのでは、一人当たりの単価は違いが出てきます。
これを上手く利用しているのがLCCなのです。
同一機種にこだわっているだけでもコストカットは出来ますが、その上に座席数を増やす事で、一度に多くの乗客を運ぶ事が出来、その分、一人当たりの料金を下げる努力を行っているのです。
しかし、この努力にはデメリットもあり、元々10人乗りの飛行機に30席を詰め込めば、座席は窮屈になります。
その為、LCCを利用する際は、多少窮屈な座席で我慢をしなければならないと言うデメリットが存在するのです。
こればかりは、格安航空券なのだから、と言う思いで乗り越えるしか、今の所方法はないようです。

座席数を増やす工夫がされているまとめ

一度に多くの乗客を運ぶ事によってコストダウンと利益を上げる工夫がされているのは、非常に名案のような印象ですが、実際に利用してみると座席は多少窮屈で、長時間のフライトには向かない事がわかります。
格安航空券での移動がお得と考えるかどうかが、利用者にとってのメリットとデメリットの分かれ目になると思います。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫